ワクチン管理ミスはなぜ立て続けに起きるのか?長崎と神戸の原因と他県検証まとめ

Pocket

・・・またもやおきてしまった”もったいない”税金の無駄遣いともいえる出来事。

”あべのマスク”などの新しい言葉がうまれるなどもありましたが、公務員さんたちの無駄遣いは止まる気配がありません。

ファイザーだのアストロゼネカやファイザー、聞きなれないシノファーム(中国製)などどこのものを使うかなどもきになるところですが、今回は製薬会社ではなく公務員の不祥事ともいえる”管理ミス”について触れてみようと思います。

ちょっと情けなく感じてしまうような内容が聞こえてきたのですが、実際のところはどうなっているのか、長崎県と神戸市の内容など他県の状況などもまとめてみました。

Sponsored Link
 

ワクチン管理ミスはなぜたて続けに起きた?原因は

ワクチンの管理において、ニュースにもなっていたと記憶しているんですが保管には超低温にする必要があります。

もっとも早く接種が可能とみられるファイザー製の ワクチンの保管温度は、−75℃(±15℃)。 モデルナ製の保管温度は−20℃(±5℃)で、それぞれ6ヶ月間の保管が可能とされます。

追記: 記事は2021年2月2日に投稿時の情報です。その後2月下旬にファイザー社は、−75℃の超低温冷凍から-15~-25℃の温度帯での冷凍に移した後、14日間の保存ができるとする新たなデータをアメリカ食品医薬品局(FDA)に提出し、認められました。日本国内でもこのほど、同様な保管が可能となり、添付文書が改訂されました。これにより、医療施設にある標準の医療用冷凍庫で対応が可能となります。また、保管のための温度要件を緩和する取り組みは引き続き行われているため、今後更に輸送管理がしやすくなる見通しです。

・・・アストラゼネカ製の保管温度は2〜8℃となっており、冷蔵は必須であるものの、冷凍の必要はありません。

引用元;MEDIUS HOLDINGS記事より

要するに、 冷凍庫 解凍後は冷蔵庫での管理が絶対条件なわけです。

それでは、起きてしまったそれぞれの 管理ミスの内容をみてみましょう。

長崎県五島市のワクチン管理ミス内容

機械的なディープフリーザー故障による温度管理ミス。

長崎県五島市の医療機関で保管していた新型コロナウイルスのワクチン114回分が、冷蔵庫の温度管理のミスで使用できない状態になり、廃棄されていたことがわかりました。

引用元;NHK NEWS WEB

保管機であるディープフリーザー(超低温冷凍庫)の故障でおきた内容でした。

 

兵庫県神戸市のワクチン管理ミス内容

人為的なディープフリーザー電源確認ミス。

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、同市兵庫区役所内の集団接種会場の薬剤室で、ワクチン保冷庫の電源プラグが抜けていたため庫内温度が上昇し、中にあった米ファイザー社製ワクチン計 43瓶(215回分)が使用できなくなったと発表した。すべて廃棄するが、 接種スケジュールには影響しないとしている。

※あらたな疑問が発生しましたが、スケジュールに関しては別記事でまとめようと思います。

 

ワクチンはそもそもどの様に保管・管理されるべきなのか

そもそも問題になっているワクチンを超低温で保管管理する必要があるのにもちゃんとした理由があるわけですが、お医者さんではないので、専門的な事はそちらへおまかせするとして、専門家いわく、ワクチンを形成する遺伝子の構造が不安定なことによりこのような超冷凍保存での管理が必要なのだそう。

仕様するワクチン別のディープフリーザー(超低温冷凍庫)なるものを厚生労働省はよういしたんでしたね。「ディープフリーザーは人口を基に各自治体に割り当てる」となっていましたからね。

マイナス75℃やマイナス20℃の温度設定は、一般的な家庭用のものでは対応できないと言う事。

( ゚Д゚)

日本の家庭用冷蔵庫の冷凍室の温度は、JIS規格により -18℃以下と決められています(JIS規格とは日本工業規格といって日本の国家標準のひとつです)。

ワクチン専用の保管冷凍庫には電源が不可欠なけですが、設置場所を急遽手配したりしたがために電源配線のミスなどが頻繁に起きてしまっている現状があるといわけです。

こんな例は皆さんも経験あるのではないでしょうか。

狭いオフィスでたこ足配線をしていて、ちょっとしたはずみでコンセントにつながるコードをひっかけてしまい、たこ足配線の根本が抜けてしまい電源オフになってしまった。

電源が繋がっているかなどが直にわかる使用中のもの。

テレビやラジオ、卓上のライトなどであればその場で消えたことがわかるのですが…。

今回のような冷凍庫、冷蔵庫、バッテリー内臓型パソコン、充電器、扇風機、ドライヤー、電子レンジやプリンターなどは、使うときにしかコードが抜けているなどを確認しない限り分からない。

というわけです。

そばにあるテーブルの脚がコードに引っかかるなどしてプラグが緩んだ可能性があるという。

引用元;朝日新聞デジタル

冷蔵・冷凍庫やエアコン、電子レンジや固定電話などの普段移動して使用しない電源(コンセント)は個別に壁の上の方やその家電を据え付ける場所のすぐそばにあったりしますよね。

電源が切れては困るからこそ、置く場所のすぐそばに、それ専用の電源が確保されているんです。

普段、何も考えないで使っているから電源さえいれておけば安心と思い、普段はつながないであろう場所、障害物が多い場所のコンセントに指したことで、今回のような抜けていた事に気がつかない。と言う事をくりかえしてしまっているのではないでしょうか。

あまりにもたわいのない出来事なので、厳しい対策もされない現状自体が問題だと私は考えます。

会場が急遽設置された場所での場合はとくに、上記内容を踏まえ、根本から見直す必要があるのではないでしょうか。

繰り返される現状を軽視して、責任の所在をしっかりしない限り、過ちは繰り返されるでしょう。

早急な対策をおこなわないと、貴重なワクチンを今後もすてつづけることになりかねませよ!

Sponsored Link
 

ワクチンの廃棄に関する問題は他県でも

ワクチンの接種以外では廃棄にまつわるほかの案件もあったはずです。

高齢者向けのワクチンを、キャンセルがでたので市の役員や、地元貢献者である偉い人に優先てきに接種させた問題などもありました。

厚生労働省としては、キャンセルなどがあった場合は無駄にならないよに使用する事が通達されていたので、実際にはおとがめはなかったようですけど( ^ω^)・・・

世間の目としてどうなんでしょうね。

皆さんの意見は以下の通り。

浮草
@1171shounan
·
2時間
#ハイエナ町長 #茨城県 #城里町

上遠野修町長

ワクチン・ハイエナ町長

平然と横取り
高齢者への接種努力放棄
弱者軽視

ワクチン廃棄市長の次は
ワクチン・ハイエナ町長が参上

午後3:01 · 2021年5月26日·Twitter for iPhone

役所だからこそその場でのキャンセルが解る訳で、公平であるべき姿ではないのかもしれません。

その他には、頑張っているかたへのフォロー的なコメントも。

この件に関しては別の方も

ただでさえ人員不足でがんばってもらっているのに・・・(;´Д`)

Sponsored Link
 

(まとめ)ワクチン管理ミスはなぜたて続けに起きた?

長崎と神戸でたてつづけに起きてしまった今回の廃棄にまつわる管理ミス内容でしたが、人為的なミスはどの世界でも起こりうることではあるだけに、原因追及はひつようではありますが、過去の事を悔やんでいてもしかたありません。

人為ミスで有れば改善方法もあるわけですし、税金で対応している”お金”のかかる内容であり、それは一般労働者からでた血税であることを理解して欲しいと願うばかりです。

民間であれば、損失に対する厳重注意以外にも処罰がくだされてもおかしくない内容。

終息するまでは私たちがしっかりと、ことのいきさつをみまもっていくしかありませんね。

この度は、最後まで読んででいただき誠にありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました