かき氷シロップを手作りもコーヒー味で旨いのは何?ダルゴナレシピは超簡単w

Pocket

ああ

元プロフィギアスケート選手でタレントの村上佳菜子さんは年中食べると豪語されているほどのかき氷マニアなんだそうです。

我が家では夏にしか目にしませんが…。

そんなかき氷は、毎年いろんな食べ方がインスタなどでも話題になりますが、お家で楽しむ機会が増えた時期には手作り志向も強まりました。シロップづくりもさかんにインスタなどでアップされるほど。

今回は流行を取り入れたダルゴナ風コーヒーシロップ?のかき氷がおいしかったのでレシピを公開しちゃいます!

Sponsored Link
 

かき氷シロップを手作りでダルゴナコーヒー風って何?

かき氷も色んな種類のかき氷機が出てきていて、雪解けのような食感の氷から、ザクザク夜店のアイスボール系かき氷の食感ができるものまで種類も豊富。

そんな中、かき氷シロップは手作りで作った方が自分好みでつくれば美味しいしさ倍増!

ということで、ただ手作りなだけではなく、2020年から2021年に流行ったダルゴナコーヒー風にアレンジしたシロップでのかき氷をご紹介したいと思います。

ダルゴナコーヒーとは

ダルゴナは加韓国の駄菓子、日本で言うところの カルメ焼き的な砂糖菓子なのですが、見た目の姿かたちがダルゴナに似ていることからなのだそう。

ダルゴナコーヒーとは、 インスタントコーヒー、砂糖、お湯を等比率で泡立ててホイップ状にしてから、冷たい牛乳または温かい牛乳の上に乗せて作られる飲料

(中r略)

名前は、 韓国版のカルメ焼きと言える 砂糖菓子のダルゴナ(英語版)に味や外観が似ていることに由来する

ウィキペディア参照

日本の祭りなどでよく売られている砂糖菓子のカルメ焼きに似ているといわれたら、”確かに!”ってなりました。

カルメ焼き

カルメ焼きを懐かしいと思うのは大人の証拠。知らない人のために動画を紹介しておきますね。

化学反応をもちいたお菓子作りとして学習したのをおもいだしました。

膨らむ瞬間をワクワクしてみていたのです。

超簡単な美味しいレシピ内容を紹介

ダルゴナコーヒーは、インスタントコーヒーと砂糖、お湯を同じ比率の量(1:1:1)で作るのですが、お好みのインスタントコーヒーで作るのが自分好みにもできて最高です。

 

ダルゴナコーヒー風かき氷(レシピ) 

  1. インスタントコーヒー 大さじ一杯
  2. 砂糖(上白糖) 大さじ一杯
  3. お湯 大さじ一杯
  4. 牛乳を凍らせた氷

ボウルに1,2,3を入れて、ダイソーなどで売っているカフェオレ用電動ホッパーなどで泡立てます。(ホイッパーはお手持ちの物でもOK)

お手持ちのかき氷機を使用してミルク味のかき氷を用意。

さきにボウルにつくっておいたコーヒーホイップをミルク氷のうえにかければ完成です!

 

Sponsored Link
 

作り方のポイント!ふんわり食感にはかき氷機選びも重要

今回は、お手頃な価格(5,000円以下)で雪解け食感がつくれるかき氷機”ドウシシャ 大人のふわふわかき氷器 刃の高さ調節機能付 ソーダグリーン DHIS-20SGR”を使用しましたが、自部のお気に入りの食感が楽しめるものであれば、かき氷機は何でもOKです。

かき氷機は、すでに家庭にあるものでも大丈夫なんですが、わたしは雪解け食感をミルク味の氷で味わいたかったので、あえてかき氷機にもこだわってつくってみました。

ダルゴナコーヒーに使用するホイップは、砂糖の味も結構強めでシロップとしての代役がつとまるほどの甘さが有ります。

 

▼山形さくらんぼの同じ甘さのくだものはなにかを知りたい方はこちら▼

やまがた紅王(山形C12号)の甘さはどの位?味の評判や同じ糖度の果物まとめ!

 

かき氷全体の甘さにもっと上げたいというかたには、凍らせる牛乳に練乳やシロップ、砂糖などを加えお好みの甘さにしてつくった氷を使うことで、もっとあまめなデザートにすることもできます。

甘いのが好みな方にはおすすめです。

Sponsored Link
 

かき氷シロップを手作りでダルゴナコーヒー風に!レシピ(まとめ)

かき氷は夏だけにとどまらず、好きなひとは年中食べているんですね。( ゚Д゚)

かき氷には必要不可欠なシロップですが、コーヒーシロップの新しいかたちとしてダルゴナコーヒー風にアレンジ?したメニューを紹介しました。

冷たい飲み物もいいですが、氷にする事でからだの芯から冷えるデザートとして楽しんでいただけたら幸いです。

お子さまなどにはカラフルなトッピングシュガーなどを使うと見た目も楽し気でおすすめです。

かき氷を冷たく美味しく楽しみましょう!

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました