自衛隊輸送ヘリの種類で車が積める機体の性能と使い道!CH47J特集

Pocket

「災害時の救助活動で一度だけ見かけた大きなヘリッてどんなときに出動する機体なんだろう?」

「自衛隊所有のヘリの中で際立って大きい機体のヘリがあるけど、名前は何?」

「かっこよくはないけど、なんかパワフルで存在感のあるヘリを見たけどあれなんという機体なの?」

自衛隊が所持する輸送ヘリの種類で今回注目したいのは、大量の積載量が自慢の輸送ヘリCH47Jについて。戦闘機アパッチのようなスリムで強そうな機体もカッコよくていいのですが、大きくて包容力を感じてしまう大型特殊ヘリの神髄について深堀しています。

この記事では、大型輸送ヘリチヌーク(CH47J・JA)に関しての内容が分かります。

Sponsored Link
 

自衛隊輸送ヘリの種類で車が積める機体はどれ

自衛隊が所有するヘリの中で輸送に使用できる機体は数種類しかありません。

中でも、見た目が特徴的なため目立っている機体がCH-47Jで車も運べます。別名チヌークと呼ばれる機体はタンデムローター(二つのエンジンで二つのプロペラを駆動する)の機体です。

アメリカのボーイング・バートル社で開発された機体で、ずんぐりとした機体が愛嬌を感じてしまいます。

見た目を犬で例えるならダックスフンドのような胴長な機体です。

自衛隊が所持するヘリで輸送を目的とした機体は2種類だけなんですが、そのうちの一つは要人輸送ヘリEC-255LPで要人というだけに人を運ぶための輸送ヘリです。木更津の特別輸送ヘリコプター隊が所有する国賓や内閣総理大臣を輸送するための専用機です。

ようするに要人専用の国営空のタクシー的な輸送用ヘリなんですね。

 

もう一つの輸送用ヘリがチヌーク(CH47-J)で、世界各国で使用されているのでどこかで目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

特に、軍隊ものの映画などでは見かける機会がおおい印象です。

陸上自衛隊ではこの機体には2つの型があり、CH-47JとCH-47JAです。

J型は初代のタイプで、JA型は燃料タンクを倍に、気象レーダーを搭載した改良タイプです。

以下の画像はJA型です。

 

チヌークCH47Jの性能や他の機体との使い道の違いについて

チヌークCH47Jの性能は以下の通り。

最大速度 約163kt(ノット)、航続距離は約1,000㎞(6t搭載時)

 

引用元;航空自衛隊 主要装備CH-47J

出典;https://www.mod.go.jp/asdf/equipment/yusouki/CH-47J/index.html

 

1ノットって、時速何kmですか?

引用元;ヤフー知恵袋

単純計算でチヌークの最大速度を時速換算すると301.876㎞もでるんですね!6t搭載で!( ゚Д゚)

輸送ヘリですから利用目的は単純に荷物を積むわけですけど機動力が半端ないのが解りました!

総合的に航続距離は約1000㎞、それも6トンの積載をした場合の計測値ですからその性能の凄さには驚かされます。自衛隊所有の軽装甲車LAV(ラブ)なら重量4.5トンなので、機内に収納しての運搬も可能なんです。(予めアンテナの架台や発煙弾発射器の架台など一部装備を取り外す必要あり)

実際に車輌を機内に格納する画像を探したところありました!

チヌークの機体内部と、LAVを実際に実際に搭載する貴重な画像がありましたのでご紹介します。

上部画像はアメリカ軍のチヌーク、装甲車もアメリカ軍のもの。

下部画像は日本の自衛隊所有のチヌークに軽装甲車LAV搭載中のものです。

 

機体ギリギリのサイズですから、載せるのにも数名の隊員が慎重に対応していますね( ゚Д゚)。

 

Sponsored Link
 

大きさや積載量・J型とJA型の違いや黒い鼻の理由

チヌークの大きさは車が入るくらいなので大きいのだろうと想像できますが、詳細を知りたい方のために、自衛隊が公表している機体情報をご紹介しておきますね。

乗員に注目して欲しいのですが、定員5名プラス48人!

落下傘部隊などを想像してしまうほどの乗員数の多さです。人命救助で動き回る際にも圧倒的に有利な条件での行動ができそうで、頼りになる輸送用ヘリなのが解りました。

タイプ別JとJTの違い

チヌーク(CH-47J)において、機体自体の型が2種類あるのですが、47Jと47JAの2つです。

詳細に関しては平成11年度から改良型には最後に”A”がついて(CH-47JA)に変更されているからなんですが、改良前と見た目で区別する場合は機首先の部分が黒いか胴体と同じ迷彩柄かの違いになります。

航空自衛隊のホームページに記載されている内容は以下の通り。

平成11年度以降の取得機については、大型燃料タンク、気象レーダー、地図表示装置、2重化慣性航法装置(GPS内蔵)、床レベリング装置などを装備しています。

出典:航空自衛/主要装備CH-47J
参照:https://www.mod.go.jp/asdf/equipment/yusouki/CH-47J/index.html

 

黒い鼻の理由

改良型である平静11年度以降の改良型(CH47JA)には気象レーダーが取り付けられているのですが、その部分が黒くなっており、進む先の気象状況を把握することで、より安全に飛べるようになっています。

ただ、区別するための黒色ではなく、改良された印でもあるわけです。

Sponsored Link
 

輸送ヘリの種類と車が積める機体の性能や使い道!CH47Jまとめ

自衛隊はが保有する輸送ヘリのなかでも、大型で性能の進化を遂げたチヌークCH47ですが、緊急事態などでの空を使った活動では、大量の物資を運べる力強い機体なのがわかりました。

より安全に作業ができるように改良までされるほど、自衛隊にはなくてはならない存在なのも理解することができました。

出動する際は、災害などあまり良い場面ではなさそうですが、いざといった時のには力強い機動力で、私達国民の空の救世主になってくれるヘリな事を理解していただけたのではないでしょうか。

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました